アトピー用の化粧水を選ぶときは保湿してくれるものを選ぼう

>お役立ち情報>アトピー性皮膚炎になったら痒い!化粧水でのケア方法も注意

アトピー性皮膚炎になったら痒い!化粧水でのケア方法も注意

美容液

無添加で刺激が少ない商品

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が低下してしまい、痒みを伴う湿疹ができたり、皮膚が乾燥してカサカサしたりした状態になります。普通肌の人に比べるとお肌が弱くデリケートなので、毎日使用する化粧水選びは大変重要です。皮膚の痒みや赤みが強い時は、なるべくお肌に刺激の少ない無添加の商品を選びましょう。アトピー性皮膚炎は皮膚のセラミドなどが不足している状態なので、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれている商品もお勧めです。洗顔後や入浴後はお肌がとてもデリケートになっているので、化粧水を使って保湿を心掛けて下さい。ドラッグストアなどの安価な商品は、アルコールなどが含まれているので、避けたほうが良いでしょう。

基礎化粧品

優れた抗炎症作用がある

アトピー性皮膚炎は皮膚に痒みを感じたり、炎症を起こしたりしている場合があるので、皮膚科医が推奨しているドクターズコスメの化粧水を使用するのもお勧めです。皮膚科医が開発している商品は合成界面活性剤や香料、アルコールなどを使用していないので、お肌のデリケートなアトピー肌の人も安心して使用できます。優れた抗炎症作用があり、保湿効果の高い化粧水を使いましょう。強い紫外線を浴びると、皮膚が乾燥しやすくなるので、皮膚に刺激の少ない日焼け止めを使用することも大事です。口コミで人気の高い化粧水は、刺激になる成分は含まれていないので、安心して購入できます。化粧水を付ける時にはコットンは刺激になるので、手でなじませるのがポイントです。